ページトップ

東京駅丸の內駅舎保存?復原工事

竣工アルバムへ

歴史的建造物と最先端建築技術の融合

1914年(大正3年)に創建された東京駅丸の內駅舎は、辰野金吾により設計され、その堂々たる姿で、多くの人々に愛されてきました。しかし、1945年(昭和20年)、戦災により南北のドームと屋根?內裝を焼失。戦後、3階建ての駅舎を2階建て駅舎に復興し、現在の姿になりました。
この度の「保存?復原工事」では、外観を創建時の姿に忠実に再現するのはもちろんのこと、さらに、未來へ継承するため、鉄骨煉瓦造の下に地下軀體を新設し、機能拡大の工事を行います。そして、巨大地震にも耐えうる建築とするため、「免震工法」で施工します。

東京駅復原イメージ
工事概要図
工事概要
HOMEspaceUP
韩国三级-韩国三级电影